スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

AO入試の廃止・縮小相次ぐ

さて、困ったニュース。

9/13 asahi.comより
http://www.asahi.com/national/update/0909/OSK201009090069.html


学科試験を課さないAO入試を廃止したり、募集枠を縮小したりする大学が相次いでいる。
AO入試は、少子化で大学同士の学生獲得競争が激化するなか急増してきたが、さほど受験勉強しなくても大学に入れるため、学力低下を招いているとの指摘もある。入学後、授業についていくのに四苦八苦する学生もおり、大学側の見直しに拍車をかけているようだ。

 大阪府立大は8月に2011年度入学者のAO入試を実施したが、今回、工学部の電子物理工学科と知能情報工学科で中止した。このため、同学部のAO入試での募集定員は5学科18人から3学科10人に減った。中止の理由は「AO入試は面接など学生を選考する手間がかかる。それに見合う受験生が質的にも量的にも集まらない」。

 9月8日までAO入試の出願を受け付けた鳥取大も工学部4学科のうち3学科で中止。募集定員は12人から5人に減少し、農学部でも18人を16人に減らした。福井大は教育地域科学部で11人から7人に。京都府立大は12年度入試からAO入試を全廃する。

 背景には、AO入試で入った新入生の学力不足がある。鳥取大は「学力面でつまずく懸念をぬぐえない」とする。同大学のAO入試は書類選考と面接、小論文など。合格者を対象に、03年から毎年11月に2泊3日の入学前合宿を開催して高校時代の学習内容のテストをしたり、パソコンを利用して弱点を克服するための課題を出したりしているが、「理系で専門分野を学ぶには相当な努力が必要な学生もいる」という。京都府立大は廃止の理由を「志願者が少なく、思ったほど個性的な人材が集まらない」と説明する。


AO入試では、筆記試験を課さない大学が大半で、受験生の基礎学力を把握しづらいという。このため、金沢大理工学域は11年度、広島大工学部は12年度入試から、従来の面接や小論文による選考から、センター試験を課す方式に変更する。広島大は「学習意欲が高い学生は入学後に伸びる。確保する道を絶つのは惜しい」。

 見直しは私立大にも広がる。同志社大は11年度入試で文学部と心理学部で中止。文学部は書類と面接のみの選考から、論文と口頭試問を課す公募制推薦入試に切り替える。立命館大は、受験者にTOEIC550点以上を義務づけたり、学部ごとに独自の試験を課したりする。





◆「一部で学力不足の生徒の入学手段」との指摘も

 文科省は5月、AO入試について、大学教育を受けるために必要な基礎学力があるか把握するよう国公私立大に通知。「大学独自の検査」「大学入試センター試験」「語学検定や資格」「高校時代の成績の評定平均値」のうち少なくとも一つを、合否判定に用いるよう促している。

 08年12月の中央教育審議会の答申で、AO入試について「事実上の学力不問」「実施学部の半数以上が、入学者の学力に課題を感じるようになっている」と指摘されたためだ。

 文科省の調査では、09年度入学者にAO入試を実施した大学は523校(国立43、公立22、私立458)。AO入試による入学者数は過去最高の5万85人で、全入学者に占める割合は国立で2.5%、公立で1.9%、私立で10.0%に達している。

 駿台予備校広報部の田村明宏さんは「AO入試は多角的に人物を評価するという当初の目的を離れ、一部の大学では一般入試のレベルに達しない子が入学する手段になっている」と指摘する。


河合塾教育情報部の富沢弘和チーフは「文科省の通知を受け、国公立ではAO入試でもセンター試験を必須にする動きが広がるだろう。一方、私立はまともに学力を問うと、受験生が逃げていく恐れがあり、経営が成り立たない。高校の成績の評定平均値を参考にする方式に落ち着くのではないか」と予想する。

 毎年数人がAO入試で進学するという大阪府立住吉高校の山野正善・進路指導部長は「センター試験を課す方式に変われば、年明けまで受験勉強をするため基礎学力を担保できる」とみる。同府立柴島高校の進路指導担当、尾形政則教諭は「中堅私大のAO入試でも、これまで必要なかった高校時代の成績などを記した調査書を提出させる動きがある」と話す。



確かに…AO入試では普通なら絶対無理な大学にでも意外と合格したりするからなぁ。
でも廃止されると、一般入試に対応できない高校の進学実績は間違いなく下がるだろうなぁ。


困ったもんだ。
  


2010年09月13日 Posted by sato at 11:32Comments(0)高校生

目指せ看護師!

不況になっても強いのが、医療系の仕事。
特に、ここ最近は看護師の人気が急速に高まってきています。

メリットは・・・
①女性でも男性サラリーマンなみの給料がもらえる(仕事は相当ハードですが…)
②結婚後でも継続しやすい
③求人が堅調なので、引越し先でも仕事が見つかりやすい


だからこそ、仙台市内の看護学校でも男性の姿が多く見られるようになっています。


そこで、気になるのが看護師になるための学校です。


まず、最短ルートが白石高校看護科
高校・専門の5ヵ年一貫教育が一番の売りで、偏差値も46(みやぎ模試で240点
前後)と狙い目です。

通常、高校卒業後に看護師を目指して進学するのが、看護学校(看護専門学校)
ですよね。
宮城県の場合、例年3~6倍の競争率なのでかなりの「狭き門」になっています。

県内にこだわらないのであれば、狙い目は首都圏の看護学校です。
競争率も1.5~3倍と低く、学生寮完備の学校も多いので費用面でも特に不都合
はありません。

そして、最近人気を集めているのが大学です。
宮城県では、東北大・宮城大・東北福祉大・東北文化学園大に学部があります。
どの大学も難易度は高く(文化学園大は?です)、相当の狭き門
看護師になることだけを考えれば、やや遠回りかもしれません。



こうやって見ると、一番確実なのは白石高校看護科、できるだけ「楽」に進学したい
のであれば首都圏の看護学校がお勧めです。
  


2010年08月24日 Posted by sato at 13:37Comments(0)高校生

東北●●学園大

知り合いに聞いた話。


オープンキャンパスで参加者に「バカ」を連呼。


「大学からやり直そう!」だって。


「エントリーシートさえ書けば合格!」だって。


はぁ…。


大学側がそんな態度だから、いつまでもボーダーフリーなんだよなぁ。

  


2010年08月21日 Posted by sato at 17:45Comments(0)高校生